やる夫の中世騎士物語 第17話

やる夫の中世騎士物語5(現行スレ)
-------------------------
..
357 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 21:07:55 ID:ULXhtgSQ0
お待たせしました
それでは17話の投下を始めます

先程予告したとおり、今回はやる夫&クシャナのゴリツィア遠征です

358 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 21:08:27 ID:ULXhtgSQ0

          ____
        /      \
       /   _ノ   ヽ_\
     /   ‐=・=‐ ‐=・=‐\
     |       (__人__)    |         ・・・
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/







                   _x≦---- ァ.、
                }/ ̄`ヽ / _ \
                  /      ./}_./__>ヽ
                〃     /  .////∧‘,
               /´ {{    〈o   ¨-==―〉
              /   r┴―== ゝ=≦て/ノ}八 |       先程から随分とご機嫌斜めだな
        , イ   _,ミ|        ̄}Ⅳ{ ヾシ〈ヾ
 ̄=ー -=≦__ノ .八ー‐ <    |.|      〉
            ト、   ≧x   ≧=- / \  、‐'
            |.: :\ 、 __   八: : : : ̄: ̄: フ
____ _    .l : : : \__ 二二. \: : : : : : /\_
_   /: : :`ヽ_i|: : : : : ‘,___ _.彡イ  \: : : /  ノヽ
ヽ : \/ ; : -=≦ : |: : : : : : :}: \ 人 j ト、   三= 彡_ _>――、
. ∧: : :\: : : : : : 八: : : : : : |: : : \ Y .j: :∨、 ー――   ./  ̄ ヽ
./:ヽ : : 八: : \: : : : : : : : : : : : : : }ヽノ: : :|_人>、 __  /_ ≧=-ミ、
: : : : : : : : : : : : :.ヽ: : : : : : : : : : : : :.l: :\:ノヽ_人ノイYゝイ: : : : : : :/ : : : \
: : : : : : : : : : : : : : :‘,: : : : : : : : : : il:_: : : :\Yヽ/Y.人/: : : : : : :〃: : : :_:_:_:_:\ _
: : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ::/:ヽ: : :. :.\人|./¨ヽ: : : : :{{ : : /: : : : : : : : `ヽ
: : : : : : : :>=- 、: : :i!: : : : _: :_: :. :./ : : }: : : : :. :.\    ` <八: :/: : : : : : : : : : :: : }  /彡
: : : : : :/,ィ= 、 }}: : / : : : : : : `/ : : ├_、: : : : : : :》       //: : : : : : : : : : : : : jィ彡彡‘
: : : : : {{ {;;;;;;;;;;} /:/: : : : : : : :./: : : : :|;;;;ヾ: : : : : /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ./: ;ィ: =: :、: : : : : ,イ州彡
: : : : :八 ゞ=彡': : : : : : : : : イ: : : : : :. :.|;ツ } : : : / }州 /州/ィ州}´:_:_:_: : : : :.ヽ: :/彡州州彡
: : : : : : :≧=≦: : : : : : : : : :ゞ: : : : : : : 八イ: : : /三三三ニ{ノ:ヽ_:_: : : : : `ヽ: : :У彡'州州:彡'
: : : : : : :/ :{: : : : : : : : : : : : :_:_:_:_: イ: : ‘,: : ノ州_フ三三| : /: :/:`ヾ : : : }/ィ彡州州彡'彡
: : : : : :/: : : |: : : : : : : : /: : : : : : : `ヽ: : :| : /三彡イ: : : : Y:_:_/: : :/:ヽ:/: :\州彡'州州州州
: : : : :/:_: : 八o: : : : :/: : : : : : : : : : : : \j/人人ノヾ: : : : :/: :トイ,:_:ノ:、: : : : }州州州州彡
: : :/ : : >彡\_:_/: : : : : : : : : : : : : : : :/イ_.ノゝ人_人_人≧x: : :/: : : : \o/:\彡州州ミx
三三三三彡イ:.:.:ヽ: : : : : : : : : : : : : : : /\人_人_人ノゝノヾ_>: :>: ,: : :./\: /州州州州州
 ヽ_ノゝ _.ノ:.:.:.:.:∧: : : : : : : : : : : : : / ̄}>、: : : : : : ̄: : `: ヽ: : : : : :>' :,/\州ミxヾ ヾ
  }   }  ゝ:.:.:/:.∧: : : : : : : : : : /ヽ_人_.ノ ̄ヽ: <:  ̄`ヽ/<: : : : : : : :.>: /州州州≧x
-イ ゝ=イヽ  ¨}ー 彡、: : : : : : イ__ノ___)_ヽ_.人≧x: : : : : ::\:/>:, : : : : : : : >. ,州州
  }   人 }ーイ\__人_≧=-<_人__人__)__)_〉___ノ≧x: : : : : :}/: : : :>: :,: : : : : : : ヽ
_ノーrイ  .Y   j  人 _ノ  }  )ー<_ノヽ_ヽノ_ノ二>: : : : :リ: \ : /: : : : : }ー.,― '
   |ー <ノ Y `ー'  | 〉-イ¨ヽ  )_}  〉-〈  ) ヽ `ヽ:_: :/ヽ: : :\: : : :o/: : }
__人  人 ノ    .人_イ_ ノ ̄ヽノ ヽノ`ヽ} ̄ヽ_ノ`ヽイ: : : : : : :\: : :Y: : /: : :/



 ※クシャナはゼロの仮面を被っている設定です

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : やる夫系 - ジャンル : その他

やる夫の中世騎士物語 状況説明

やる夫の中世騎士物語5(現行スレ)
-------------------------
..
331 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 17:11:12 ID:ULXhtgSQ0 [1/139]
投下は今晩21時から
その前に20時から、再開時点での状況説明みたいなものを投下します

332 名前: ◆NiVO3Ffeio[] 投稿日:2014/08/30(土) 20:01:02 ID:ULXhtgSQ0 [2/139]
さてでは状況説明の投下を始めます

333 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 20:01:29 ID:ULXhtgSQ0 [3/139]
               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |        やる夫の中世騎士物語
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |        再開前に現在のお話しの舞台と状況を
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |         簡単に説明するわぁ
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\
.   ト、::: ::| |::|  | ̄>rf乞ミ-、|}〉:::: | |:::/:: 〉
    〉:::}::::rヘ_ト|  |  ):::ヾこン:::(|}〉:::: | |/::::  厶
   /:: 厂>'´ ̄广ー―ヘー―┴ァ-┴ヽ:::    \
  〈:: /:::::|   {     |    |-r―<::::::    〉







          ,. -─=ニ_ー- 、          /!      _,. - ァ   ,ィ
         / ヽ ヽ.   _≧、マ>_        /リ    / //  _//
         /  l ! l ! }ヽ ((._ィ个、_)).      // ,イ / /ル'^ '´-‐ニ7           まず舞台となるのは
        / /   j l j L.j  !   i | ヽ ヽ  / / / レ' //  -─-ニ-'
     /i !   /ィ´ |/,.ィ |  〃| l ヽ ヽ./ / レ'/    _,. --─‐‐‐一'ニ=-         シタラバ辺境伯国
      / | い  / ノ,ィ(ぅノ !  / ヽ! j  }  / /       --──‐‐‐z... 二ニ ー- 、_
    i | l トト、i{   ー'′/ ,1   / /!ノ  /             ニ_二ニ==---`ヽ     現在のスロベニアとクロアチアに跨る
     l ハ ヽく,.ィr,、    ∠ '´ j  /1/i l //                \_
     \ヽヽヽヾ   /   /   /-ト/ /                  _,.=- ニー- 、_      架空の国よぉ
       メ T ヽ、 ´   /  ∠-┴ 、    _,..ニ二._ー-=.z─-=ニ ̄``ー    ̄ ̄
      {  |   /l> 、._/ ,.イ二=--  \-r-─弋´ \`ヽ
      l ハ.| / il  / / /       ヾ    ヽ   \
      ヽ弋 i  l_メ,ィ´ /  ィニT ー 、   〉    ヽ    \
        | |iト 'て乂! ヽ 〈〈_,ノ 「!> 〉 ./ ヽ   ヽ   ヽ \
        | iハヽ/  \ヽ/1-く !ヽヽ,イヽ  ヽ   ヽ    ヽ. ヽ
        | |!,.イ! /   ヽi {   l | i | l ヽ  ヽ    ト、   ヽ ヽ.
        l ハ /      `i   ゝ i | l ト、 !   i    l ヽ   ヽ ヽ
        ヽ,ハヽ       !     l ヽ、い   l   l  ',   ト、 い
        {ヽ,クい       l     ',\ ハトi  l    l   !     iヽい
         ` Tl1 !    __r--〉〉    ', ヽi i  l   l  l    l  い
             |{/い,ィ二-→∠ィニヽ、  〉    l  l  j  トi     l   ! }
          《! i  / 7¬1トヽ 「` `弋  ヽl  l  / ト! li   j  i l
           》、/ /  / /!i 〉.〉  \ !   i|  j /  !リ }}   /  ,リ
          {i>'/  r' -y /YT     l    l /,イ!  |!  l   /  〃
          / / , / └ト-! !     ヽ  ! /ハj / ヽ/ /  /
       _/__,.//  __   | !      \// l / /  メr'
     /-─   ,ィ7´`┘ Lr 、 | !         \l./.イ!  i |
    //     /       └| !          `ヽ!l.._i |

続きを読む »

テーマ : やる夫系 - ジャンル : その他

やる夫の中世騎士物語 目次

続きを読む »

テーマ : やる夫系 - ジャンル : その他

Tag : 目次

やる夫の中世騎士物語 番外編

やる夫の中世騎士物語5(現行スレ)
-------------------------
..
293 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2014/08/11(月) 23:43:12 ID:mMw3cOaE0 [1/17]
ちょっとだけゲリラ投下…



本編再開じゃなくてゴメン

294 名前:どこかの名無しさんなのです。[sage] 投稿日:2014/08/11(月) 23:43:32 ID:mMw3cOaE0 [2/17]

~シタラバ辺境伯国VIP村~



                  ∧
                  || |   |
                  || |  rt!               |
                __ _⊥⊥ / l!__ __ _         tirit
,_,,.. .-‐ '''""~""'‐- 、、∧.::::::::::::::::::」 r|::::::::::::::::::::',        〔77〕
              /  ',:::::::::::::::l | :|::::::::::::::::::::::',        」___L
             |i゜゜| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | ∧__ __._| |  |. :. :. :. :. :. :. :. :
 _ _,, . -‐::''.."." ¨¨´ .. |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::: ::::::::::::| |  |  .,"'`',:'':'`'`',
 .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,   |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::::: | |  |.,"'`',:'':'`'`',:'':'`
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`:,,,,.州州洲'`キ
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`',:,,,,.州州洲'`キrキ州洲'`キキキ







                    -‐,コf7{{辷fリノヘ,
                  /  __{仏:'/:`¨:^三≧,
                   /:7://:::::::_:_彡'^¨⌒丶
                   /    }:厶:/::∠}厂     \ \
               /  ____」水くフノ^´  .′    丶  . 、
                 /  /::/ 7::/∧:}   /, //! .     . }  l i
             /   \V介{:し:ノ |十-Li     j/ }  ハ|
               /    // |:トf′  |i_」土z,\ ァィ/ / }
           //   // i |:| 丶  个i、 炒`  '仞/}}j/
  ‐= _     /    〈/   l |:|   `ト .   \    〉i{ {{
     ̄≧=-く 、         八l」  l八 `¨⌒、_ ,イ八}}=-‐        …これでよしっと
 ___,≧ニニニ≧x )\ // ヘ  个ヘL,_    /厶'′
二ニニニニニニニニニニ≧x彡'ヘ   「¨::7了f千{≦=―-           今日のお仕事はおしまいね
   _厶三ニニニニニ>=≦ヘ乙1  |:::/r介ハi| トく,⌒´
_ -=ニ=‐ァ=ニニニニ/::::::::::::::::::\)  l⌒レfじヘ |i:::::マ⌒ー ァ
ニ=-_厂/ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::ヽ, |  〈∧〉}八:::::\^´
// _,厶イ/ニ>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ八/丁「/f刈〉::::::::〉
′_彡 7/八lト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ, 〉/ /`辷八::::::/
〃    / j八::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:::\ {  {  }}:::{
  /       介x:::::::::::::::::::::::::::::::;/:::::::::::::マハ_ } {じく\
  :      //  'ヘ:::__:::::::::::;厂:::::::::::::::::::::::\廴} ノ乂)) :.
  i/   /  八//〃介tx:/^、:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒iリ:::「´  li
  |     :  { }/ ,:::{乂_)リハハx::::::::::::::::::::::::::::/仆i:ト  八,
  |\   ト . { / /::////:/   }ハ〉:::::::::::::::::::::く乂ノリ八ハ/   \
  |  丶 | \! /::〈/〈/:/    ,ノ::::::::::::::::::::::::::::::::{:{:::::::〉、     }


              水銀燈

                VIP村の領主夫人
                夫のやる夫は遠征中であり、水銀燈は現在領主代行でもある

続きを読む »

テーマ : やる夫系 - ジャンル : その他

やる夫の中世騎士物語 第16話

やる夫の中世騎士物語5(現行スレ)
--------------------------------

122 名前: ◆NiVO3Ffeio[] 投稿日:2014/02/09(日) 21:00:40 ID:JV6p/TSQ0 [3/133]
では、時間になったので投下します

123 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2014/02/09(日) 21:01:16 ID:JV6p/TSQ0 [4/133]

                      __ _   _
                 _ _r ― 'ー -  ^ ̄  ``ヾヽ、_
              / ´ ̄  -― f     _, 人 \ヽ``ー 、
                 li  r '  ̄  _ ノ    r'  / (    ヽ  ヽ、        グラーツからの峡谷を抜ける間は
              〃 /    r''  ,ノ    }}  ヽ、 )     i!   l
                f″〃     {{ ( 、  ノ   ノノ (( 、   /    、.         我々も動きようがなかったが、
            {. {ト  ト   i|ミ ヾ ヽ((  ( (  i ヽ   i ,   ヾヽ
             ヾ,ツ ノi} ノハ`ー、ヽヾヽ  ヽヽ ヽ          l i        …そろそろだな
            {彡,_ノ>r'´ ¨ ̄`、_ソノ }},  i! ! |  }i    i、、   //
             (( }   _lk=r  ´、_ノ´ ノ彡' '       ii{  、(
                7  ´{iツ'    _>- ' ー< _  ヽ  y'   ヽ
             ,ノ     ¨     `フr'     i}_ ヽ i | (      ノ              , - ――=>
             (            ,ノ     〃レノ | |  ),  Y´    ∧       /´     //
            `ヽ丶           l! l    ノ  i| .} l  〃人、'、_   / l !     /    //
             〈 __          ヾ ヽ   |「 Yノ ,ノソ / /  )`ー '´^/ / .|   /       /
              (  ̄`          )     iL〃彡'     /    /   ,  /      /
               )        ノ    ヽ、ヽ   /i   ( ヾヽ  /   //      /_,. - '´ ̄フ
                 ヽ        {   ,    )ノ  ./77_ _    )/   /´      /´      /、
               f´ ̄ ̄`ヽ  ヽ/ (   ,/〃、_/77 ` ̄ヽ /   /      /     , へ. (、
                 ノノ   _,.ノ〉  i 、  ヾ. ( ヾ /77{ ー<⌒ヽー 、_/   , - '´    .,  'ヾヽ {i ))
           /^ ー'´   (´ K ̄ ̄`ヽ= 、    )7/ )))  >'  j ) )__,  '´    ,. - ¨ ̄ ̄ヲ)) f´(
           , -イ / /    ` |_______)!  、 /7((  /´⌒)_ノノ ⊥_ _  -       / ,ji   `ー― - 、
        ((  〃 l     ,ノノ|     __ ,ノノ  〃( `ヾヽ/ ´⌒>-  '  >´       ,. テ'´  ((  `ー 、    )
            ソ (´  i   ( r' | ̄ ̄ ̄ r'   ノノ  い}} / ´⌒>-――<    _  - ^ヽ((   ``ー- 、   ,イ(
     /⌒`´-   )     ,   ヾ |「 ̄ ̄.ノ   (   _.   /  ´⌒)、___,〉-      / ヾヽ  `ー- ヽ.    }
      {  /   ノ   ノノ  }i .||  (´  ノ   ヽr' ̄``/   ̄`` ̄ ̄ ̄¨         /へ、 ))     イ} }   ⌒ヽ








 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲│ グラーツ
 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲  ○─┘
 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲┌───┴┐
 ━━━━━┓  ▲▲▲▲┌─┘▲▲▲▲○
 ▲▲▲▲▲┗フィラッハ     │▲▲▲▲▲▲│
 ▲▲▲▲▲┌─○━━━①━━━━━━◎┓
 ▲▲▲▲▲┃  └┐ブレッド     ▲▲▲│○┓            ① オーストリア公の十字軍、現在位置
 ▲▲┏┯━┛▲▲┷◎ クラーニ ▲▲┌──┘  ┗ドラーヴァ川
     ┃│▲▲▲▲▲┗◇━┓┌─◇ツェリエ
 ウディネ ○  ▲▲▲ VIP村 ☆╂┘▲

..

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第15話

やる夫の中世騎士物語5(現行スレ)
--------------------------------

940 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2014/01/26(日) 22:03:29 ID:LYOMogkE0 [2/61]
時間になったのでそろそろ投下します

941 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2014/01/26(日) 22:04:32 ID:LYOMogkE0 [3/61]

          オーストリア            、-‐‐
                   _,,_,,,,_ -‐‐   ''
     ^''''''‐‐--- 、     /           -\         ハンガリー
       ,..‐"    `''''''‐''´          .-..l  ^ヽ 、
      ゝ 、               .....-"       \_
       /    スロベニア    \           \
       ''>               |            ‐‐‐、       ---       6世紀に現れたアヴァール人に連れられ、
    ......-- 、           ..-一’               ^ヽー-‐--‐'´  ゙l
   ‐'" `  ,,亅    / 、    ./‐   クロアチア                     L__         この地域に住みついたスラヴ人達は、
       -"--..-..-''''' ゙ー- 、...ヽ                      (スラヴォニア)    ;''’
       l     -.._                  _                `ー_,,_     それぞれに国家を形成していった
        l    ノ   \.       -‐,,   ノ''''ー'´ `ー‐-、......._ ,, 、_........ _._   イ  ̄
        ヽ   │     1      l   \../           ゛      ̄ヽ  1...、
         ヽ_/      ./      ヽ                       ゙''‐''"  ,'
          `       l       ヽ                          ノ     そんな中で唯一統一が進まず、
                  ヽ       ' 、                       /
                   ' 、      ¦                      ヽ...      部族社会を保ったのがボスニアである
                   -ヾ''-     1                        \
                   ヽ        ヽ.       ボスニア          ,,._│
                    ザラ ●        ゝ                    ゙ 、
                 (ヴェネツィア領)`ー        \                    :    今回のお話は、そのボスニアから始まる
                        ^ゝ       \                ........‐'’
                         `''―‐''●、,,.___`ー 、            _ヽ
                            スプリト  \ ヽ           / '-‐
                                   ゙-..._`ゝ        │
                                     \._\      /''''’
                                       `'!_‐ 、   │
                                          ‐ン,,  >
                                       ドゥブロヴニク ●
                                      (ヴェネツィア領)   ^''‐!
                                                ^\
                                                  



※国境線は現代のものです

..

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 番外編

やる夫の中世騎士物語 4(現行スレ)
--------------------------------

818 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2014/01/05(日) 21:00:47 ID:hRkrOZ7M0 [2/71]
それでは時間になったので投下します

819 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2014/01/05(日) 21:01:01 ID:hRkrOZ7M0 [3/71]

>>804
   乙でした。宗教関係は複雑ですね。何回も読みなおしてしまった。





                   _
                  >セ乞アト ニ _
               /..::.:.ヾごソ.::.::.::.::.::.`:..、
             / ^⌒^⌒^⌒⌒^丶、:::.::..\
              //    /          \::.::.:.ヽ
               / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
           /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
            ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
           |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l         14話で、こんな感想を貰ったのよぉ
           | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
           |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
            |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
            レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
                 |  ト  __      /|    |l      |     /
      、_  \__   |   | // )、_  <_j   リ\   | /厶イ{ノ廴__,,
     _ーz三≧三≧|   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<三三三三三三ご_
      ご三三三三三|   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\三三三三二ニ
   ニ二三三三三三/|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\三三三三≧===ァ
   ー=ニ二三三三/.::.::| ノ  |   Г|ノ厶l/   ,  /.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.>`ヾ三三三三{ ̄
       ̄え三三∧::.:〈 ̄ト‐┴√| ト、__/  /「`7.::.:::/L. -― __ ――〉三三三三二
    =彡ベ彡イ⌒ヽ「\l   /  ノ.::|/ /}   /.::.::.〈ー―::.:: ̄::.::.::.:.::/三三三≧一
         /   /^Y⌒ト-イ ̄厂〉 イ ̄ , /.::.::.::.::〉::.::.::.::.::.::.::.::.:/\ ̄`ヾミ⌒ヾー
           /   /  ト--rヘ_r-イ/ j|  / /ニニ二/.::.::.::.>‐[}‐く \ ヽ
        .   /  ∧ | | | /|\_/..::.::.::.:/l::.::.::〈〈__ノ八_〉〉 lヽ  .







         ____
       /     \
.    /       \       ここの部分は作者も、この解説で大丈夫か悩んでいたから、
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(●) (●)  |     今回は宗教関係についてもう少し詳しく解説した番外編だお
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第14話

やる夫の中世騎士物語 4(現行スレ)
--------------------------------

628 名前: ◆NiVO3Ffeio[] 投稿日:2013/12/22(日) 21:00:40 ID:hx7EjT1I [2/156]
では、そろそろ時間になったので投下します

629 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/12/22(日) 21:00:56 ID:hx7EjT1I [3/156]

                     ,-、
                  ,-~´
                  \
       _          |~
      /´  `ヽ,        |,
  ,-~´~     ~´)       `\,                    イタリアまで偵察に出たやらない夫は、
/           )         `~|
            `)          `|                    今回の十字軍参加者が少ない事、
             ~\         |,
              く,,_         \                  ジェノヴァによる海上輸送でシタラバへはほとんど向かっていない事、
                `\        `"-,_,,-ーっ
                  \           /             を突き止めていた
                    `ヽ,-,_        `ヽ,,
                       ヽ,_,         ̄`ヽ,,_
                         `っ       ,,-,,_ ~ヽ,
                           `ヽ, _   /    `ヽ )  更に、ハンガリーやオーストリアの十字軍参加の噂も耳に入る
                             ~ |,  (_,     し´
                               )   `ヽ,
                               `),,  _|
                               ,-´ (
                               _)  ノ´
                              (__ノ







     / ̄ ̄\
    /   _,.ノ  ヽ、_
    |    ( ○) (○)      十字軍がシタラバに現れない理由は理解できたが、
   | U  (___人__)
    .|       __ノ__      そういう事ならイタリアで出来る事はないだろ
    |     _/ ___\ヽ_
     、    '-/____ヽ  |     大至急VIP村に戻るだろ
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /   {

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第13話

やる夫の中世騎士物語 4(現行スレ)
--------------------------------

399 名前: ◆NiVO3Ffeio[] 投稿日:2013/12/01(日) 22:02:18 ID:7QpRu5PU [2/135]
それでは、時間になったので投下します

400 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 22:02:41 ID:7QpRu5PU [3/135]

ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、        VIP村から会談の申し入れですか
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ    ニューソク・デやる夫がVIP村の領主になってから、
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i    もう何年でしたかね?
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i







           ,. r '二ヾニ=-.、
         /'´/ ,r'⌒、ヾ.、ヽ\
         ,r'//  //,r'   ', ヽ\、.ヽ
       ,r'//ン/ / /./   i }. ', ',ヾ 、ハ
      / ,' ,' / / ///,';    ,' .i ! ハ丶 ',
     ,' ,' 7,' / ./!/, '.,'   /   l i. ', , ∧
    ハ i l l ,'  i,' ,' i  ,' /   !i/i } ', 、i     その間、何の音沙汰もなし
    il l l | l!  i  /i ソ ./  ノ /ハ i l i!
    i | !| .i il  i !/_ン,.r 'ノ ン/r'ノ人 リ il li      ウチの十字軍参加が決まるや、急に会談の申し入れ
    ! l l リ l  l代てノヽ'ン'"〃.,r'ひ~);;ソl| i l}
    | !i  !.',i il l `='     ::  =' ンイil l i    随分と虫のいい話だな
    l !  ', ', il !       .. :::.     リノ !リ }
    i i  ', ヽ ',.N     、 シ    /i ン l!
     ','  ヾ, ゝ、ト、  ーャ‐ーァ'´ , ',ノン/i リ
      ヾ、 ヽ\_辷ニ\  ヽ..心.,.インノ/ノ
        ヽ、ー ゞ「::r‐、__丶...ネ、\ニン,ォ'"
       -`ーl::::;ヾ''\~rT:、ヽ ヽ‐{. l_
        :::::::::`::- \ `ヽ<::::ヽ. N |::::゙j'''l
             ヽ:::::ヽ、 \_j  ヽ ',::::i:::l

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第12話

やる夫の中世騎士物語 4(現行スレ)
--------------------------------

185 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/11/02(土) 10:03:13 ID:OfVrBvbg [1/2]


     180 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2013/10/30(水) 01:19:05 ID:bDmjrc2g
        乙
        投下来てたのね(`・ω・´)
        オプじいちゃん余計な事しかしないなあ。やる夫が預かり知らないところで
        ずぶずぶ政争に巻き込まれていってるのが怖い

     182 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 16:56:06 ID:1FzVhhWE
        乙
        色々都合があるけどソウスケ、カナメ、カツヒコ、やる夫、銀ちゃん達の雰囲気がいいねぇ。
        本来ならオプさんもこの中にいるはずなのに空気読まずに余計な欲出すから……。

     183 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2013/11/01(金) 00:27:38 ID:CKdInykQ
        やる夫がやる太の伯爵位相続権の放棄を申し出ている以上
        オプーナのやってる事は余計なお世話どころの話じゃ無いんだよな
        しかも翠星石のお披露目時のやる夫の態度を見てるのに
        まだ諦めてないってのはKYっていうレベルじゃ…



>>180、>>182、>>183
オプーナが大人気のようなのでオプーナ及びワゴン領についての設定を紹介



ワゴン領の元ネタになっているのは、クロアチアのシサクという都市
中世クロアチアの動脈と言っていいサヴァ川に、2つの支流が合流する交通の要衝
元々スラヴォニアの小麦やボスニアの鉱物資源をザグレブへと運ぶ交易で利益を上げていたが、
スラヴォニアがハンガリーに征服された後は、どちらも独占状態となり現在に至る





               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }       スピードワゴン
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、        オプーナの父でやる夫の祖父、故人なので多分出番なし
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ             「ワゴン」繋がりと商売で成功したキャラという設定だけで
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |             選んだから、命名法則がおかしい
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl              きっと、おフランス風に読むと「スピー・ド・ワゴン」なんだ
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \            スラヴォニアがハンガリーに征服された際に、
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \             いち早くハンガリー側と交渉を持ち、
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /                裏ルートでの小麦の輸入ルートを確立
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /                 その後、カナメの政略結婚を経て、正式に認可される
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::              カナメの輿入れにも一枚噛んでいた模様
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第11話

やる夫の中世騎士物語 4(現行スレ)
--------------------------------

13 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 21:01:18 ID:lZbR5dJ2 [2/152]
では、時間になったので投下します

14 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 21:01:38 ID:lZbR5dJ2

          ,,..-‐'''""¨¨"''ー--‐''>.、
         ,..<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'':::::''ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.''' ...ヘ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'''".:::::::::::::::ハ
    ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::'''"""''" ..:::;m:;ハ::::::;/       十字軍に先に動かれてしまった
     l::::::::::::::::::::::::::::' " ............::::::::;/_   ';::::!
     !:::::::::::::::::::::::::::::...:::::::::::::::::::::;厶=ヽ、 ;Y゙        当初の予定では、十字軍の来襲をちらつかせながら、
    !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;.-‐''"   ζti'゙〈
    ゞ:::::::::::::::::::::::;r=ヽ::!       ー'  \        スロベニアの諸侯を懐柔する予定だったが、全てパァだ
     `ヾ::::::::::::::::l (  ヾ         ,. ,)
       V:::;.ィ.ィゝ. ゝ _,      、  _...__j´
   ,. <f‐t'"      ̄`:.      ̄  テ
f>K'///∧ヽ      :  :..       /          私とトウドウは直ちにVIP村に向かい
////シメ</,'ヘ.ヽ.       :   _    ,/
///////></ヽ.、     /  `"''ー'゙           情報を集めながら今後の政略・戦略を立て直さねばならない
//////////ヾ,べ、.  ,/
///////////∧/ヘk''´
'//, --- .,///∧,'∧ヽ
////////>,.,',ハ/,ハ ,ハ
/////////////ヽ',/,!' i!
///////////////',/ト〈ll
///////////////,', l  il







              __ヽー-、
    ト、__ー― : : :  ̄ : : : : : : : : : : .` 、ト、
    ト、| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\}
    |::l| : /!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .∨
    |:::.∨.:|: : : :ト、 : : .ヽ\: : : : : : : :∧: : : : : :|
   ト::::::::::|: : : :{ \: : :l  \: : : : /  l : : イ:|
    ヽ :::::| : : : 〉   \:|    ヽ : /  | : :ハ: |
      |::::::| : : /            `′  '´  |:j
      |::::::| : /ト、}、     {    ,   , イ }′      そうしますとザグレブで騎士を集結させ、VIP村へ送る人間が必要になります
     !::_|: { 弌≧x..,,_   ヽ   /  ∠イ /
     ∨ヘV   弋tッテ≧メミヽV/ムィ㌻彡/         十字軍に関する情報は、カナメ様の手配で随時VIP村から送られてきます
     ヽ く \   ´ ̄⌒ `^/'" ̄   ;′
        \_| ヽ        |      ,
      -‐| l l           |      ´
     ト くヽ ヽ、       ′  /ニ、、
     | \\  \    , ー-‐、 /.::::::::) )
     |:::::::| ト \、 \      ̄  /|::::/イ          ここは騎士が集まるのを待ちながら、
     |:::::::| | \ヽー.ヽ     / :|::f l |
     |:::::::| |   | |::::::..\_____/.::::|::| | |            送られてくる情報に沿って戦略を立てれば良いのでは?
.      ノ.::::::| |   | |::::::::::::::|::::::::::::::ト| | |
  -‐':::::::::::::| |   | |::::::::::::::|:::::::::::::::: | | |\
'´::::::::::::::::::::::ノノ   | |:::::::::::::::::::::::::::::::::| | |:.:.:.\

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第10話 後日談(埋めネタ)

やる夫の中世騎士物語 4(現行スレ)
-----------------------------

946 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/10/06(日) 21:01:04 ID:UG2WhoFU [2/43]
それでは時間になったので投下します

947 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/10/06(日) 21:01:24 ID:UG2WhoFU [3/43]

       l   l    ,>--.、
    r‐' ̄ヽ.、 , ゝ_r‐.': : : : : :ヽ_  ,-
,r─ '´: : : : : :ヾ-': : : : : : : : : : : : : `´: : :
{: : : : ,r‐-: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :./: : : : : :r v=i: : : : : : : : : : : : : : ,--
: : {: : : : : : : ヽ  レ.ァ: : : _,.-- 、_ノ; ; ; ;
: : :`-,: : /;r‐'.l   ヽ__f_; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
__ノl <; ; ; ) l     r'; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;         …クロトワが姿を消しただと?
; ; ; ; ;,l¨_ヽ__   _,,,,,,,,,,,,、 -.、; ; ; ; ; ; ; ;
; ; ; ; ; j'-ゝ'゙l  ¨''‐'‐''¨´ .}; ; _,-,; ; ; ;
; ; ; ; ; .l   l      ヽ、 _ .- '/; ; ; ; ;
; ; ; ; ; ヘ  ヽ .,-   .,  `  .fノ; ; ; ; ; ; ;
; ; ; ; ; ; ヘ __ ___  .' .、  ./ ヽ、; ; ; ; ;
; ; ; ; ; ; ;.ハ´ __ ̄  ヽ,/  r'; ;,--、
; ; ;>.' ´ ハ      .//    .Y   ヽ
..'      ト ___>'  .'   .,   ヽヽ
     _/j  .i       /    ヽ
   ./  '    ヽ ,  /      j
   l ─'  ̄ ヽ、 _/ ,-----  ___ /
   l  i    `  ̄´    //
   l  li -.'  //_ -   //  > '´
   l -'li     /__    ./ > '
   l  ,!   /¨    / >'







        __
     r'il|  ,.  ─‐‐‐ 、
     ∨iУ二 二 ̄ __  ヽ
     o○‐‐─‐‐   __  ´_i
      ∧─ ─‐‐ ヘソ  lソ、       先日から連絡が取れない
      | ̄ ̄ ̄ ̄\ ¨   .冫
     / ̄ ̄ ̄\  ヽ   _ ′      …まぁ、出奔したんだろうね
     (        〉  〉   ´/
     \_____/ /`  -イ
        \_/三三三三|__
           ∨///////./,.---\
         ////////.//\    ヽ
         ∨///////.| |   \    \
             ∨//////.| |     \

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第10話

やる夫の中世騎士物語 3(現行スレ)
-----------------------------

759 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/09/29(日) 21:03:16 ID:SyOXijsY [2/167]
…ふぅ、なんとか書き終わった

という訳で、投下を開始します
少々お待ちを

760 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/09/29(日) 21:04:10 ID:SyOXijsY [3/167]

        _-─―─- 、._
      ,-"´          \          やる太の継承権下賜を辞退するだけの筈が、
     /              ヽ
      /       _/::::::\_ヽ        偉い話に巻き込まれてしまったお
    |         ::::::::::::::  ヽ
     l  u    ( ●)::::::::::( ●)        何でこんなタイミングで十字軍が…
    ` 、        (__人_)  /
      `ー,、_         /
      /  `''ー─‐─''"´\





                    ●


                    ●


                    ●





                  /\
                  /  \
                  /    \
                   ,'         \
                  ,' ::::       ヽ
                i :::: :::::     ヽ
                   i ::  :::::        l
                 i      :: /ヽ   |
               i      / lll lllヽ   !       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 __,,,.. --── 、--─‐.l.    ,.ヘ /:  C) ヽr-!-─ '7  ̄|  …前教皇の
          ヽ   .l l  / ,.へ、`‐、.__,.‐',. ィ|  /   .|
  `‐、           i  i | / /:::..  `''.:‐-:.'  .:|.| /   <  お言葉はすべてに
 \. \_,,,. --──lー|  |. \`''‐::、:::::::::::::::::://|/ー─--|
   \⌒\     |. |  |   `iヽ、 ̄i:::::::「 r‐i |     ./ |  優先する…!!
    `‐、 ヽ.     !|   |.   |__〈  |::::::| 〉_| ト、  //\________
   ̄ ̄ `''‐、ヽ__|    |    l lヽ.|::::::|./ l  | i ∠..二 ̄ , ‐'´
    `''‐、 / ニ ,> ヽ.   |    |/::::゙!::::::レ!  |  |/ < = \,. -─
       ヾヽ、 = ゝ/8     |:::::::::::::::::|    ヽ ノ ニ /
   ` '‐- 、 |U ̄l ̄U ((::)     l:::::::::::::::::|  | ((::)| ̄l ̄n|
   .._  `|∩! ln| |n|  O  |  l:::::::::::::::::| |  O.|∩U| ||||_,,.. -‐
      .l ̄`|| |∪||U| ||  ((::) |.  |:::::::::::::::::i | ((::)|| |∩Uu.! |
     |  .|| |∩||∩| | |   O|   |:::    :::|  O .|U.| |n∩l. |
    ヽ.|   |∪|.|.||.U| || |   ((::) !      | ((::)  |lnU.||| | |

              新教皇ホノリウス3世

               前教皇の最大の失策である、十字軍によるビザンツ帝国征服の汚名を雪ぐべく、
               教皇主導による新たな十字軍の実行を強く主張しているが、
               自分たちは主導権を握れないということで、各国有力者の受けは芳しくない

               シチリア王フリードリヒ2世の幼少時の家庭教師でもある

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第9話

やる夫の中世騎士物語 3(現行スレ)
-----------------------------

552 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 20:00:04 ID:04fbsybs [1/148]
では、そろそろ時間になったので始めます

553 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 20:00:43 ID:04fbsybs [2/148]

           (ヽ三/) ))
       __  ( i)))
      /⌒  ⌒\ \
    /( ●)  (●)\ )
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\         それじゃあ、ちょっとザグレブの伯爵様のところで、
  |    (⌒)|r┬-|     |
  ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/       タダ飯をゴチになってくるんだお
  | | | |  __ヽ、    /
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
  `ー---‐一' ̄







    //  /,      ,
.   //  //  // /,  ,
  //  //  // // /.:'
; //  //  // // // / ,
//  //  // // // / /'  /   ,
/;ト、:'/  // // // / /'  /   /  ,   ;
7/,/\;// // // / /'  /   /  //   川
/ン_厶ィ\;// , イ{ / /'  /   /  //  /// '
 「7::ヾ:、\/ |!ハ/'  /   /  //  / ' /  イ ,
  {う}::::\、\jl |{ /   /  //   /   /   /' /  .:
 ヽ弋こツ ゞv/\}f/,  .:′,〃  ,   /  /  /  '
   ` -  `Y{`ーク / ィ   //  /   '  /  ,′
          //ィ/ ハ/ィ/  /  /  /  /       やる夫
               r-:zL」_厶イ彡 ィ   /
              ィチう≧ァx // ' /   /         今回、私とやる太は行かないけど、
                ‘代こツ /く 爪//   ,
        ` _」     `ー   ,ィ/彡    /           やる太に継承権を…なんて話が出ても、きちんと断るのよ
     `丶、             // イ  } //
、    `          イ / / | /   '
::\      ____ . . ´ハ{ 〃{  }/     |
≫x:ー:7_「 ̄} 川 爪{/ | l i l// ヾイ    |
//フイ/ム、 j/ l !/ |i/  | l i l{   川     |
才///「`ヾ:{′| ′L__ ;/| l i l   | !{     '
//〈/:∧  }:} _」ァ7///7ァLi」_l_   |八    |
厶///小.///////////////ハ | ヾ;:.  |
マ「{マ「{マVヽ//////////////∧i   }}   |
 |:| |:|    {'///////////////\イ    |
 {:{ ヾ:,   }'/////////////////\   |

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第8話

やる夫の中世騎士物語 3(現行スレ)
-----------------------------

384 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/07/28(日) 21:00:20 ID:kiCgMVeU0 [4/135]
それでは時間になったので投下します

385 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/07/28(日) 21:00:41 ID:kiCgMVeU0 [5/135]

          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」       麻呂はハンガリーの貴族バーンク・バーンでおじゃる
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }       アンケートの結果、ハンガリー・ルートに決まったので、
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',       ハンガリー側の内情を語る為、急遽出演が決まったのじゃ
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /        まずは、ハンガリー・ルートに投票してくれた皆には、
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /
            ',    /.:             ミツ/ー'′        大変感謝しておじゃる
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、         出番はあまり多くないと思うが、これからよろしくでおじゃ
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /



               バーンク・バーン

                「バーン」は太守の意
                バーンク・バーンはハンガリー王妃ゲルートルートを暗殺したことで、歴史に名を残した人物

                その背景にあったのは、ハンザ同盟の経済力を背景にしたドイツ人の東方殖民と
                ハンガリー貴族の利害衝突である

                夫のアンドラーシュ2世がロシア遠征で国を留守にしている間、
                ドイツ出身の王妃がドイツ人優遇政策を独裁的に行った事に対し、
                ハンガリー貴族の代表格であるバーンク・バーンが王妃暗殺を決行した

                ハンガリー貴族は大半がバーンク・バーンを支持した為、
                アンドラーシュ2世はバーンク・バーンを罰する事が出来なかった

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 番外編 3

やる夫の中世騎士物語 3(現行スレ)
-----------------------------

256 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/07/07(日) 21:00:45 ID:eFifPp.A
それでは、時間になったので投下します

257 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/07/07(日) 21:01:06 ID:eFifPp.A

       ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\        今回のお話は、
 /   ( ●) ( ●)ヽ
 l      ⌒(__人__)⌒ |       地図を作ったので、その解説をするんだお
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ







                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!      作った地図は、VIP村やシタラバの地図ではなくて、
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/       パンノニア平原(ハンガリー平原)全体の地図よぉ
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /       だから、シタラバは隅っこで小さくなっているわ
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_



※パンノニアは、ハンガリー平原一帯の古代ローマ時代の呼び方です

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第7話

やる夫の中世騎士物語 3(現行スレ)
-----------------------------

13 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 21:01:41 ID:sf0A6g/Q [2/190]
では、そろそろ投下を開始します
今回は年代ジャンプの間にどんな事があったのか、というお話です

14 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 21:01:59 ID:sf0A6g/Q [3/190]

        _.....___
       ,r' ´      ``''' - 、、
      ,ィ'/             `ヽ、
.   ,イl| i     ,  ;i     、    、 、ヽ
   / l | l     l  l l  l  l }   ; i ヽヽ
  ,'  l! !   l!  l i i  リ  } リ i !リ         親父
  l  l    i l  l | l iソ ノ ,r'´l! l }ソ
  | _..=、ェ_____!_l__l | ! |!ィ弋~lナ !ン'i          VIP村に送られたクシャナが死亡したそうだ
゙゙゙ ̄   \::ヾ::::::::::::\ l!   ̄  ゙ヽl
       l::::::ヽ::::::::::::ヾi、    ´ i´ |         シタラバの伯爵家から、そういう話が流れてきている
ェ-‐ ''''''‐ェ-┘:::::::::::::::::::::、}ハ.    )┤ l! ))
   l |l ! l`'ーtェ_:::_::::::::::ヽヾ.   / i リ
  _!_弋ェ-=ゞ、ヽ\_|:::::::::入\ー ' , ノノ
 ̄      \`:: ̄::゙='。. ̄:ミニ≦、.._
         ヽ:::::::::::::::::::゚:・:。::::::::::::゙i `' ー- ....___
            l::::::::::::::::::::::::::::゚:・:。:::ヽ、      _ヽ,_...-――
            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::・\---ィ:´::::::ヽ
          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f;.、、{:::::::::::::::\







                 (( //  へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                /^\:::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::
                  丶\:::::\::::::::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::       それは、また思い切った手を打ちましたね
            │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
.              /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::        それで、遺体はどうなりました?
           /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
          │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
              |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
          │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::
          丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
             /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
             ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
           ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
               ||:::::ゝ                ∧|/
               │入...___             /
                丶  \─ゝ          /   /
                  |   |,           /| //
                 /  |        ....////
               /= --┴-、    ...:::::::: /  /
              /       \<\:::::::/ /      ノ
            /   , ----= 、 \// /      //
           / >           /  /      /

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第6話

やる夫の中世騎士物語 3(現行スレ)
-----------------------------

608 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/05/19(日) 19:54:36 ID:ieEAJRhE [1/2]
6話は、今晩投下したかったけど間に合わなかった
…というか明日試験なので、さすがに今晩は勉強します


現在200レス程出来上がっていて、多分230~240レスで完成なんで、
できれば水曜くらいに投下したいな、と思ってます

2週続けて、こんな報告で申し訳ないです

6話は、タクティクス・オウガでいうと1章と2章の分岐のバルマムッサなので、
住民大虐殺とかはやってないけど、色々書くのが大変です

609 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/05/19(日) 20:08:46 ID:ieEAJRhE [2/2]
ついでに、ちょっと解説&裏話

13世紀前半のこの時代には、まだペストは伝来していません
ヨーロッパでは、ローマ人が一度ペストを根絶させており、
再伝来はモンゴル人によるのではないかと考えられています
ペストが最も猛威を振るうのは14~15世紀になります

ローマ人がペストを根絶できた理由は、主に2点になります

1.ローマ人は入浴が大好きで、常に体を清潔に保つ習慣があった
2.ローマ人は飲み水を、井戸ではなく水道を利用していた

ローマの庶民は入浴が大きな娯楽だった為、
権力者が人気取りのために公衆浴場を建設した、というのが大きいです

また、ペスト菌は空気感染はせず、必ず水を媒介にします
井戸の場合水は入れ替わらない為、一度ペスト菌が繁殖するとお終いです
一方、水源地から綺麗な水を引き、それを流しっぱなしで利用していたローマ水道では、
例えペスト菌が侵入してもすぐに流されてしまいます



…ですが、作者は1話を書いた時点では、この話を知らなかったので、
入浴の習慣があってもおかしくないように、
欧州屈指の温泉地帯のスロベニアにVIP村の場所を設定しました

…その後、上記の話を知ったんですよね
つまり、何が言いたいかというと、
その結果本来予定されていた入浴イベントがカットされているんですよねw





         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
.
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i

613 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 11:50:42 ID:3/Us6Toc
・・
つまり水浴びのシーンか着替えのシーンがあるはず!

618 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/05/22(水) 21:01:20 ID:6tmgdK/c [2/144]
では、そろそろ時間になったので投下します
今回は投下を2回に分けるので、途中で切れるのはご容赦ください

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 第5話

やる夫の中世騎士物語 2(現行スレ)
-----------------------------


416 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 21:01:18 ID:hnSMIP8w [2/141]
それでは時間になったので投下します

417 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 21:01:47 ID:hnSMIP8w [3/141]

     ____
   /      \
  /  ─    ─\         フリードリヒさんの来訪は、
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |        シタラバのパワーバランスに大きな影響を与えたんだお
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |          もちろんシタラバだけじゃないわぁ
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′          ドイツ本国では、フリードリヒさんが早くもドイツ王に選出されたわぁ
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ       ヴェルフ家のオットー4世は、
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉         お母さんの実家のイングランドに亡命しちゃったのよぉ
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |

続きを読む »

やる夫の中世騎士物語 番外編 2

やる夫の中世騎士物語 2(現行スレ)
-----------------------------


248 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/04/14(日) 21:00:22 ID:whScn70w [2/132]
では、そろそろ時間になったので投下します

今回は番外編の2です

249 名前: ◆NiVO3Ffeio[sage] 投稿日:2013/04/14(日) 21:00:43 ID:whScn70w [3/132]

~前回の戦いの終了後、戦場近くの森にて~



.,.,.,,;:::|;l;::l|;;::::::;;;ノ ヽ ;;::::::;;;;:ゞ;;;::::: ;;::;;; /;; ゞ ;;; ::|;ll;:lソ;;:;;;ヾ;:::|;l;::l|;;:::::;;ノゞヾ: : : : : : ゞ;;;ソ.,.,.,,;:::|;l;::l|;;::::::;
.,.,.,:;::;|;;;:ll|;;;::;;ハヾ;;::::ソ;;::/ヽ;;:ヾ ;;;;::::::;;ソ ::; ; ; ;;.|::;ll;l|ヾ ヾ;;::;|;;;:ll|;;;::;;ハ;:    ゞ;;;ソメ:|;l;::l|.,.,.,:;::;|;;;:ll|;;;::;;ハ
ヾ,:,;:.;|,,;::l|      ;;::|;;::ll| ;;:::: ;;;ヾ;;;:: |;l;::l|. .|;ll;:ll| |;l;::l| .|;l;::l|.;l;::ヾ     :|;l;::l|.;.;|;;;:ll|ヾ,:,;:.;|,,;::l|        どうやらギンガナムの部隊は
.:  ゞ|;;;:ll|      |::;;:l|      ;|;;:ll;| |;l;::l|. :|::;ll;l| |;l;::l| .|;;;:ll|.;:;;::ノ: :. ..:;.:.|;;;:ll|.;.;|,,;::l|.:  ゞ|;;;:ll|
   |;l;::l|      |;;::ll| ノノ ヽ).::::ll| |;l;::l|. :|;ll;:ll| |;l;::l|;;.|;l;::l|: ;.:; :;:;: ;. ;:;:;:|,,;::l|.;.;|;;;:ll|   |;l;::l|        やり過ごせたようだな
   .:|;;;:ll| ::;;; ;; ;;::: ;;.|::;;:l| j   j) .:::l;| ;:|;l;::l|;;:::|::;ll;l|;.:';''"";ノ;.;;:ll,l;::;;;;;;;;;;;   :|;;;:ll|.;.;|;l;::l|  ;; |;;;:ll|::::;;;
  . .;;|::;;ll|;;; :::: ;;: :ソ;;::.ll. ,ソノノU.:.::!l|;;;:|;l;::l|:::;ノ ::;;lll;;:: ;; ;:::::;;::::,.;;''""" ;;;::::.. :|;l;::l| ノ ハ:   ; .|::;;ll|;;; ::::
 " ;;'''""" ::;;       く___,>.::: :ヾ;;;'''゙゙゙":::::: ;;; ;;'''  ::::;;;:::;;;::;;; ;"" ,ノ ハ:ヾ     " ;;'''""" ::;;      しかし、まだ油断はできん…
;,.:;:`"`"'';;,.:'';;,.:;:`"`"''.;' ;:;. (_ノJ   : ;. :.. ;':;' :;.;' : ;. :.. ;':;' :;.;' : ;. :.. ;':;' :;`"'';;.  ;;,.:;,.:;:`"`"'';;,.:;:`"`"'';;,
":;.;'":;.. ;'"'":;"':;.;'":;. :.. ;::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;.;' :;. :.. ;' ' :;.;' :;. :.. ;' ' :;.;' :;. :.. ;' ' :;;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::''::.;' :;. :.. ;'







 >おい、こっちに誰かいるぞ

 >そこのお前、止まるんだ

続きを読む »